■ハウステンボス “千年都市”理念は揺るがず

開園10周年を契機に、好調のホテル・観光事業をリニューアル
お客様本位・地域密着・コミュニケーション強化で、2004年黒字転換を目指す
自慢の環境技術は、教育とコンサルタント事業へ展開


 
 平成4年(1992)3月、「21世紀に向けた環境重視型の観光都市」・ハウステンボスは、長崎県の大村湾に臨む埋立地152万平方メートルに2,250億円をかけて自然を再生させ、滞在型リゾートをアピールしてオープンした。園内の運河は全長6,000mに達し、駐車場は1,300台規模、さらに「ハウステンボス」の名を冠した直通特急のために「ハウステンボス駅」も整備された。オランダとの400年の歴史から、その都市風景を見習った高質な施設デザインと、自然と人工の絶妙なゾーニングバランス、そしてホテル運営を代表とする本質的なサービス等が来場者の感動を呼び、10周年を迎えた平成14年(2002)までに入場者は3,920万人を数えるに至った。

 しかし、バブル崩壊と景気低迷の影響で、平成8年度(1996)の425万人をピークに入場者は減少が続き、合わせて別荘分譲を核とする不動産事業の停滞が経営の足かせとなり、プロジェクトリーダーの創業者が退陣。その後は金融機関の主導で、年間350万人の入場者を前提とした利益体質への転換を図っている。

 そして、開園10周年のタイミングで、"ハートフルタウン"化の施策として打ち出したのが、「お客様の声をすぐに経営に反映できるコミュニケーションづくり」、また「CSを高めるためのゾーニング整理や空間演出」、「園内外のアクセス向上」、「ウェディング事業の強化」、そして「地域密着」である。いずれも、来場者への意識調査結果を「強み」と「弱み」で再検証した結果を出発点としたマーケティング結果である。
 
「レジャーパークの最新動向」では:長崎オランダ村閉鎖やシーガイアの破綻の影響で、“例によって”混乱した報道による誤った情報をまずクリーニングするために、ハウステンボスの実状をまず整理。その上で、2002年度からの新しい施策の詳細について報告する。

※誌面の一部を紹介します



「はじめに」へ戻る           「レジャーパークの最新動向」詳細へ

ライン


トップ